teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


第10回 Masato Note

 投稿者:蝦名正人  投稿日:2014年 2月 9日(日)19時54分6秒
  第10回 Masato Note 『滋賀中山道を中心の美味い酒とは』

 先ごろ伏見のにごり酒の酒蔵を尋ねてみました。
最近では、前回お話ししたように呉の酒、八反錦を開発、岩国の杜氏なしでの酒造会社、世界へ届ける日本のお酒は嬉しい限りであります。

 今、アイスホッケ-女子の予選対SED中継おもしろい力が足りないか初戦敗退、角野、上村とメダルを逃す残念である。
ウィスキーのスパークリング割りで一休み。

 ところで創業460年歴史。魯山人の愛した北近江の銘酒・萩乃露(野武士をおもわせる大らかさ)喜楽長・七本槍等あり小生は、悠々クラブの先輩・豊郷の酒(元は京都・中京区にお住まいと聞く)岡本本家の金亀と言う銘酒(創業は安政元年1854年彦根井伊藩より酒造りを命じられこの大きさの蔵を千石蔵と呼ぶ、江戸から明治にかけて、ひと冬で千石つくるのにちょうどいい大きさの蔵であったそうです。こちらの酒造りで驚きは、最終工程の酒の搾りで吟醸蔵と呼ばれる有名な蔵でも「槽(ふね)」で搾るのは特別なお酒のみです。ほとんどが「ヤブタ」と呼ばれる機械で搾ります。普通酒も槽搾りなのでとても美味しいお酒でマグロのトロによく合うとの事 。
金亀の銘も彦根城の別名を表したものだそうです(こんき城)歴史・伝統の酒との出会い。

 魯山人のつばきの器は大きい京・河原町通りの美術館に常設しており、他の器は、さすが料理家でもあり美味しくいただく食器の器を創造したようである。
悠々クラブの先輩もよき豊郷の地にお住まいであると(伊藤忠初代の家も近くに在り記念館あり)是非機会あらば寄せていただければと新酒の利き酒のころとそば打ちをしたいものです。

  利き酒や 凍みてあたたか 豊郷なり      青山

  豊郷や 伊藤忠 ここに在り

  金亀や 水と米よし 近江かな

   ~近江平野にただ一人歩むかな~


 
 

第9回 Masato Note

 投稿者:蝦名正人  投稿日:2014年 2月 9日(日)13時46分47秒
  第9回 Masato Note『団塊世代からゆとり世代とは?』

 春めいて生け花の「かほり」もありそうな気がする。(金魚草・スイトピーの黄色・ピンク)
八ヶ岳の麓あたりでは、まだ零下17~20度で「凍みてあたたかく」と言うらしい。
凍みだいこん旨みを包み込み豆腐・餅も同じく軒につるす冬の風物詩であり、町のあかりが届かぬ夜空の星を灌木の間から見つめる。あぁ-何と美しいことか?

 そのような早朝SOCHI 2014の開幕であった。なんと感動するのであろうか?
平和の鳩のモニュメントがすてきでした。(広島公園を思い我が日本の敗戦後70年を回顧する)

 ところでイギリスでは英国病といわれ失業者が溢れていた1970年代から、ロンドンの金融街・世界の金融センタ-となった2000年代に突入するまでの30年間で大きく変わったようです。
特にこの10年間、イギリスにはたゆみなく世界の投資マネーが流れこみ、ロンドンは世界一物価の高い都市となったそうです。参考のお話を致します。
例えばスパゲッテイで2000円以上・サンドイッチは700円近いらしい。(先進国を襲うインフレ)
ところでいつの時もどれほど社会情勢が変わろうと、イギリス人の根底にある、人生を楽しむ姿勢は一貫してゆるぐことはありませんでした。
彼・彼女等のライフスタイルと言えば不景気であれバブルであれ、築年の経た古い家を「成熟した」と称賛し、老いることを「齢をとった。だから私は自由だ!」と喜んでいます。つまり、日本人はマイナスに思うが、彼等は新たなライフスタイルを生み出すとのこと。
多くのイギリス人が、定年を待たずして40代、50代という働き盛りに仕事中心の生活を改め、後半人生に向けて満足できる生活基盤を作り始めるのだそうです。
彼女曰く退職して収入が減っても、自由な時間がたくさんあれば支出が抑えられると忙しいときには金がどんどん減ると何故か退職後まず維持費のかかる車を売却して、ガソリン代、保険料、税金などこれだけで毎月3万円が浮いたそうです。今は友人に譲ってもらった自転車に乗って、渋滞知らず、どこへでも出かけるそうです。現代の若者もベンツ・ロレックスはいらないと思うように時代に求めるものは違うのかとおもうようになりました。
ましてやある女優は、海外のブランドものを見栄と人との差をつけるとの事で買いあさっていたが、ある機会に女優を辞めて石垣島で生活する事になり美しい空・海・空気をいただき自然を実感するとブランドものを見栄のために買っていたことを深く反省できたとは、彼女曰くでした。
さらに庭の手入れ、入会費の高いスポ-ツジムもやめ早朝からゆったり2時間かけてテムズの川沿いのフットパスをを愛犬とゆっくり散歩。
午後は現金収入でフランス人に英会話を教え、枯れない花でアレンジメントしてリビングで売る
月15万円さらに職域年金(Company Pension)を加算すると、収入は月23万円ほどになるそうです。来年は使っていない部屋を留学生に貸してさらに10万円ほど確保する予定。
収入が減っても支出を抑えれば、物価の高いロンドンでもなんとかやっていけるそうです。当然ですよね。どこかの政府・国民にも参考となるでしょう。

 小生もバブルを経験してデフレをも経験しさとりの時代の若者と会話する機会をいただく事と相成り候。
いつの世も繰り事が多いように思う。我々以前の年代も就職浪人が多く、それは悲惨であったように記憶しております。景気は上向き・・・の方からは、・・・をつくりガンガン使わなければ
もったいないなんて言われしばしの期間あり、金があまり・・・・の方が困っていた時代でした。それからしばらく景気も下降線をたどりカードも処分したように思います。
当時は給与・ボ-ナスもうなぎ上りで良い夢を見させていただいた時代でした何せ製品の利益率
が民間の会社の利益率に比べ大きな違いでした。さらに・・・・幹部の指導力と若さもあり活動も他社を圧倒しており当時考えられないいきなり長期ストを打つ(命がけで転職も考えての事でした。)その後、良き時代経て20有余年立ちて退職後年金の手続きに参りましたところ若い担当の方が年収を確認して会社の役員でもなされていたのですかと聞かれ入社以来大変すばらしい会社だと誇りに思っておりましたがさらに一番重い住宅分譲金を早期に完遂でき自己所有となり感謝良き先輩・教育担当者に感謝致します。この思いを深くした次第でした。
またデフレ前に退職したことも感謝。

 ところでさとりの世代の演劇志望の方々に出会う機会をただき世代の出来事、いじめ、DV、自殺、射殺、素敵なお方を望む事のテ-マの舞台を拝見いたしました。
あらすじは無く、ほとんど舞台の進行で内容が見えてくるので演じるほうも真剣で迫力がある。
仲のよい5人の舞台と思いきやいじめが爆発する。
ほとんど無言劇であるが、多少のセリフが振るっている。男女の仲で彼氏をとられたのか「精子と卵子」を語る。
なんだろうと思っていると前の席の小学生の女の子が隣りのお母さんに肩にしなだれる。
意味をきっと知っているのだろうか母に同意を求めているのだろうか?不思議でならず。
暴力、DV、と場面が変わるいじめが戻り銃を持つ者は2人後は、みなを時間とともに射殺してゆくなんだろう。(DV、暴力で女の子は上半身ブラだけでキズあとを見せる)意味は何なの!
最後に残るその人を信じた者にも銃を突き付けて終わる。
さとりの世代の意味がないのか理解ができない後日機会あれば演技した方々に聞いてみたい。

       ~さとりの世代に悩めるものからの一言に意味があるのか?~
             おそらくないだろう。










 

第8回 Masato Note

 投稿者:蝦名正人  投稿日:2014年 2月 4日(火)09時27分32秒
  第8回 Masato Note 立春招福『節会の儀』に参加して

 立春を迎えて見事な朝日を拝しありがたき事なり。
さて能・茶道の友人からのお誘いで節会の儀に来ないかとのお話があり早速お伺いすることなりました。常々は、八坂・壬生・北野天満宮・松尾大社の節分会に参加しておりました。

 武者小路官休庵を指導されておられるご亭主からのご依頼もありまた茶道・陶芸・ヨガ・等の講座の先生方より京都でも家庭の文化伝統を伝える事の希薄さがあり何とか文化を・・・伝えたい。そこで第5回「和ぎ友の会」を開催。
京都・西陣千本辺り古き京町屋が静かなりて一段と寒さが差し込む(・・・・庵)があります。
玄関を入り3重の雅な格子戸をくぐると景色のよいお庭が悠然と広がり一雨、飛び石を濡らし美しきある。

 節分の夜は、旧暦の年越し。年末大晦日ほどドラマチックではないが、その分古式にのっとってミステりアスです。
 炒った豆をまき「福は内、鬼は外」と唱える儀式はそれぞれの家庭で今も行われています。
鰯の頭を柊の枝にさして入口に掲げておく風習は、悪臭によって邪気を払うためのもの。
いわゆるドラキュラのニンニクに当たります。夕方早くに四方参りをすませて(近くの吉田神社
壬生・北野天満宮)と聞く。鰯の焼き物・オイルサ-デンの油を捨てて酢で蒸したもの3点ほなが汁をよばれる・・・しろ味噌に合わせ味噌に千切りだいこんこの辺りまではご存知の方も多い表の行事だそうでこのあといよいよ悪しきものを追放し春を迎える聖なる時間の更新に行われる裏の行事を参加された方がほうらく焼きの皿30~40cm位の大きさのものを福の面を付けて木槌でたたき割る今回は見事に綺麗に割れて皆おもわず拍手をする。(祇園でのお座敷遊びをまた大店の旦那衆が女装・・-服などを着て遊ぶおばけがあるという)
そのあとは、同じ炒った豆を使った肩ごしの祓い、豆を食べる時に一緒に頂く不思議な番茶、日付の変わる真夜中、子の刻に当主がただ一人お蔵に入り、魔(=鬼)にお供え物をするこれまた隠れた古い風習、夜寝る前にまくらの下に敷く宝船の絵などなどありと。

 今回、雅やかな厄払いをしていただきました。
まずは、一番にお抹茶をいただいたのを書き忘れていましたことをお詫び致します。
和菓子は、福の顔で器は、ご当家5代目の花押が入っており香合には、鬼の一角獣で茶室は、椿の油を焚いておりなんと雅な佇まいなのかと思いました。
にじりの板張り廊下の奥に白き椿一輪活けてあり美しきなり。
「鬼は外福は内 壬生大念佛 厄おとし」
 百福の福の茶碗がおもてなしに似つかわしいと思いました。ご亭主曰く、茶道だけでなく遊びに来てくださいと次回は、雛の儀にいらしってくださいとの由
京都では、先の戦争は世界第2次大戦ではなく応仁の乱からのお話ですと当時の権力者に対して決定の言葉は、はかず今でも・・・・祇園言葉がよく似合うとの事でした。

  雨落ちて 粋伝庵に 節会の儀      青山

  西陣や 椿一輪 美しきかな

  静寂や 茶をたている 湯のけむり

  一雨や 飛び石濡れる 和ぎの会

   ~京都・西陣 ・・・東入?辺り静寂なりて~








 
 

第7回 Masato Note

 投稿者:蝦名正人  投稿日:2014年 1月25日(土)07時16分35秒
  第7回 Masato Note 『旬のかにずくしとお酒との出会い!』

 久しぶりに春3月の頃に似た良き天候に恵まれ穏やかな温かい日に誕生日を兼ねて夫婦で兵庫県美方郡香住町へ参り候。
小生、越前かに、間人かに、今回初めて松葉かにをいただきました。
冬松葉ガニコ-スの中で活・番ガニ(極上の番ガニを全てに使用)カニの刺身・焼きガニ・鍋・(ゆでがに)自家製のかにみそ・のりやき・豆腐も美味である。食べきれない贅沢を満喫する。
朝食も贅沢な大名御膳のようで感謝いたしました。
カニ、そばに合う地酒の香住鶴・山廃仕込み(快鮮冷酒)かほり良く・ワインのごときなり
お世辞ではないが、塩を含まない香住のお水は美味しく最高である。但馬牛ス-テキGood!
このお宿では、市中で売られているカニは高くお客様がかわいそうなので、極上活で14000円のところ格安で販売価格8000円との由。

 ところでカニと言えば福井・金沢出張の折悠々クラブのお方と会う福井駅前の一杯飲み屋の貝ずくしをいただき温まり寿司屋へそこで勧められるままに脱皮(ズボ)がには甲羅も食べられるのでどうぞと言うことになり前歯がかけてしまい大変なことを記憶しています。
その店の大将曰く近くに原発がありこの関係の仕事で当然・・・・・・から寿司屋へ転向しこの排水路から温かい湯のごとき水がでているので高級魚が数多く集まりよく釣れていたそうです。えぇ-でした。当時は安全神話がまかり通うるころではありましたが不思議なご縁で青森・・・基地、福島と原発の要所の近くを通り、病院を回っておりました。
今思えば東北の積雪は半端でなく雪は天から降るものと思い込んでいたが、下から巻き上げてくる恐ろしいブリザ-ドの如しずいぶんとどさ回りをしたもんだと但し自然・人情・太平洋、日本海の美味なるものをいただき感謝!
横道にそれましたが、香住町へと戻ります雪は昨年暮れに降りそれ以来雪なしで残雪が日陰に残っておりました。
こちらでは昼に温かいと朝の冷え込み、夜の寒さは日本海の怒涛渦巻く風にのり何と寒いことか
香住高校艇部倉庫と大吉丸の漁船そして町並みは北海道に似ている。
海はあくまでも青く、防波堤にトンビが羽を休め、テトラポットには、かもめが休むそして漁師の家の屋根にはすずめが何十羽と行儀よく一列に並ぶ様が良い。
朝のそぞろ散歩で足跡化石を拝見、空気はピリリとして前浜の綺麗な海と近くに釣り場のSpotが3ヶ所あり夏は海水浴にと子供たちの声が聞こえそうな綺麗な浜あり機会あれば夏に香住鶴とそばをいただきたいものです。

 香住~京都間途中下車OKなので特急列車を待つ間、城崎湯の町散歩と相成り候。
一の湯、足湯とあり川のしだれ柳が、すでに芽吹き風情あり(中国・西湖から来たという北柳通りを与謝野晶子が詠む)
つづれ歩くうち城崎に美味なるそばやあり(出石系なのか?)十割(季節限定、田舎そばと香住鶴しぼりたて生酒)をいただく嬉しい限りであります。
城崎は夜の風景もままならい様であり是非機会をいただきたいものです。
帰路京都へ途中福知山城が綺麗なお姿に出会い嬉しき事なり。春のお茶会にお伺いした二の丸あたりとお城のさくらがそして朽木さま(お殿様)を思い出しました。
次回のお茶会はいかがなものでしょうか?・・・・・

    但馬旅 荒神の宿 冬の味    詠み人しらず

    カニ喰らい 荒神の宿 香住かな  青山

    香住来て 松葉焼きガニ 美味かな

    寒空や こうこうと照る 三日月か

    朝風呂や 旭日拝し 湯のけむり

    潮寄せて 静かなる浜 日本海

    ~兵庫・香住町・前浜あたり酒美味なり~  
 

第6回 Msato Note

 投稿者:蝦名正人  投稿日:2014年 1月22日(水)11時44分30秒
  第6回 Masato Note 『花のこころとは娘かな!』

 生け花を始めてから早や3年目、楽しきなりて嬉しき事「嵯峨御流」の先生は、よくお褒めのお言葉をいただき益々やる気と自信を持たせていただいておりますが、小生の感性・創造性をうまく引き出しているのも嬉しきものであり、いくつになっても褒められることは良いものであります。過去このような指導者に会う機会は少なかった様に思います。

 それぞれ花の良さはありますが、今好きな花は正月花の菊、松、南天、銀色に染めたしだれ柳
面倒を見れば見るほど菊の持ちの良さと美しさを感じております。(水の吸い上げを考慮)

 ところで先ごろ91歳で亡くなられた戦中戦後ルバング島から救出され生還された元陸軍少尉の小野田寛郎さんを思い起こす「手縫いの戦闘帽でフィリピン空軍の出迎えに挙手の礼で応える姿は何とも言えず・当時の上官から作戦任務解除命令を受けて帰国・ブラジルへ当時日本では父親をバットで撲殺した息子がおり、日本に帰国し山梨・福島県塙に自然塾を指導した子どもは2万人にのぼると」当時確か間違いでも良いが、H/Cでの病院訓練で中野坂上にあったHPで院長が小野田さんなのできっと親族か兄弟とおもっていました。(後ほど調べておきます)
この間小野田さんのTVを見ていると時代でもあるが元少尉曰く国に何かをしてもらうのではなくわれらが、国に力をと・・・・・そして少年塾を指導しているときの「笑み」が子供たちにしっかりした信念を伝えるとともに信頼という大事なものを伝えられたのだと信じます。
菊の花も綺麗であるが、機会あれば講演会を聞きたいものでした。
昨年10月に発刊されたばかりの
ご本人の著書「生きる」を読みたいものです。

    初春や 午年来たり 宇宙を蹴る    青山

    菊花咲き 教えいただき 少尉かな (小野田元少尉に捧ぐ)

    嫁入りて 親に感謝 娘かな

    ~雪舞うかな大原野・夢 龍 庵にて~




 

第5回 Masato Note

 投稿者:蝦名正人  投稿日:2014年 1月19日(日)10時29分49秒
  第5回 Masato Note 『新年 雪の金閣寺』

 昨夜からの雪が降り朝目覚めると一面が銀の白い世界となっておりTVで清水寺の多少ふぶく雪の景色が映る。
即座に金閣寺を思い起こす晴れて見事に綺麗であると金色に白い雪のコントラストがよく皆様に
写真をみていただきたいと思う。
これからも何回か機会に恵まれる事を信じたいものです。ふと文章にしたく短文をしたためました。

   白き雪  日に輝きて 金閣寺               青山

   美しき  しろき肌なり 異邦人(LONARD FUJITAに捧ぐ)

   晴天や  白き世界に 大原野

   ~京・大原野 初雪に思ふこころ~






    
 

第4回 Masato Note

 投稿者:蝦名正人  投稿日:2014年 1月18日(土)14時26分42秒
  第4回 Masato Note 『日本酒も変わりてゆくのかな!』

 今朝も寝起き良し、温室のサボテンも白き花が見事に咲き誇る嬉しきかな昨晩の新年会も会話が盛り上がりふれてはいけない部分にまで及ぶのが関西かなと思ふ。
要は言いたい放題で根には残らずストレス発散をうまくするのでお見事!(ある意味ではけんかにならず大人かな船場の商いを彷彿とさせお江戸のように啖呵を切らないのがうれしい)

 ところでお酒が不得意の小生であったが、悠々クラブの大鯛を釣りお酒の大好きなメンバ-に
教えていただいたのは、呑んだお酒の量と同じお水をいただくという。効果敵面であり他のお方は、酒は純米酒が良いと確かに美味しく悪酔がなくなる。
灘五郷、滋賀中山道あたり、先輩のおられる豊郷のお酒も樽だしが美味である。

 最近では、広島・呉の酒が良いいらしい。従来は山田錦であるが、それに代わる地元の八反錦を開発する魂志会・高沢の土井氏である。
さらに山口・岩国市旭酒造の獺祭(だっさい)杜氏のいない社員全員でつくり酒ができ超人気で
品切れ状態という一時は地ビ-ル・レストラン経営で1億3000円赤字から0スタ-トしてネットでの注文リーズナブル価格設定でサラリ-マンでもワイングラスで美味しいからこそ従来であれば需要のあるNYを選ぶが食文化のpar'isに直営店をつくる。大人気であり又アニメに出てくる弁当がさらに人気なぜか、食事にはワインと料理で3~4000円で弁当は1200円なので人気を集めてる。日本の文化はアニメ、和食、アイドルの人気と続きACミランに移籍の10 HONDAとNagato
moの観光ツア-大人気で日本にとり2020年の東京オリンピックまで期待のできる年回りとなり嬉しい悲鳴であります。人生2回オリンピックを見られるのは感動であり感謝。

 あとは天然サプリメントを紹介乾物が良いらしい。
紫外線を受けて化学変化し栄養分が増加するさらに煮干し海の天然サプリで肉ばかり食するお方よりも長生きするとは、沖縄の高齢者が何故元気で長生きなのでしょうか?
記憶力、集中力低下を防止DHA、EPAで錆びない脳にしておりイワシ・ペプチド(血圧の上昇を抑制し血圧を安定させる)
煮干しの種類とは、かたくち煮干し・いりこ・ごまめ・しらす干し・こうなご・ちりめんじゃこ
干し桜エビ・おきあみ今まで食しているのは嬉しき事なり。世界に繁栄する事を希望する。

   正月や 活け花に見る すがし哉      青山

   初釜や チョソンのわび 利休かな

   午の年 天高く蹴り 宇宙かな


   注 チョソンとは朝鮮・時代のシンプルな色彩・茶の飲みやすい薄い茶道具

         ~西山に亀岡からくる雪雲が寒々しい~

 

第3回 Masato Note

 投稿者:蝦名正人  投稿日:2014年 1月17日(金)13時04分58秒
  第3回 Masato Note 『新年会のお酒と現代盆栽家とは!』

 今朝は、寒さも厳しいが昼頃から柔らかな日差しに感謝する。
第1回目の新年会を地域住民と樽酒をいただく美味きかな広場では、どんと焼きではないが丸太を燃やしあつあつの金時芋をいただきうれしきかな。
もち米をかまどで、もちをつきてつきたてのもちをしるこ汁、きなこ等仙台でのお正月ではもちにずんだ、味噌、ごま、びっくりするほどの具でありたまげました。
またお雑煮がおもしろい青森、大阪、京都、島根、鳥取、神戸と具がいろとりどりであるので各県での雑煮をいただきたいものです。
酔いが回り役員の方から少子化問題の話題となりどんな事が考えられるか魅力ある地域にして若い世代を呼ぶにはとの話となり酔いきれずとなる。
一言、自然環境を守り自然の摂理を知ること語る。これ以降は機会あればお話ししたく思います

 正月と言えば花を飾る事で小生の役目と相成りて候。
万年青、老松・菊・ゆり・南天・菖蒲と華やかに活けて新年を迎える事ができました。
花は心持を優しくしていただくのでストレス発散に繋がりますので嬉しき事なり。
簡素ではありますが、我が家の初釜も無事に終わり新年の行事はすみました。
15日には、皇居での歌会始(五七五七七)と勉強中です。

 あとは、松といえば盆栽でTV「極上の京都」で盆栽研究家の川崎仁美さん素敵な御嬢さんで
京女であります。ほんとうの京都人になるのに歴史も古く勉強するのに環境が整っている。
松の老若が魅力的であり、京都とは、京都に生れ落ちただけでは京都人とは言えないと言う。
小生も京都の伝統文化は京都で学べるので環境よく、彼女に同感いたします。
もう一人染織家の春日井路子さん日展で優秀賞をいただいており高校の教科書に採用されているとの事で素敵な作品が目立ちます。
ips治療も実用化へ歩み着実に山中伸弥・京大教授話題がつきません。
患者にとり期待の先生であることは間違いない。

 これから大阪へ第2回の新年会に参ります。第3回は新阪急ホテルでの新年会で終わりかな?
そうそう現役メンバーと退職メンバ-新年会は連絡なしどうしたかな?
期待しておりますのでよろしく。

       ~京都・大原野 夢龍庵にて~







 

第2回 Masato Note

 投稿者:蝦名正人  投稿日:2014年 1月11日(土)19時26分46秒
  第2回 Masato Note  『テレサ テンのおもひで小生の人生であった』

 新年を迎えてもう11日立ちて嬉しきなるものである。
自由奔放に生きるとは、こんなに楽しき事と知らず当然自己の責任感を兼ね備えての事である。
ましてや会社の友人、福知山城第16代の先輩の春大茶会が楽しきなりと課外授業で知り合えた会社外の友人は楽しき事なりクラッシックの音楽家・坊主・大阪芸大の教授草鞋をはき倒した先生、大阪府警の刑事さん、愛知県警外事課は機会あれば警部自慢話をいつの日か、名古屋芸所の三味線のお姉さん、秋田県のお太鼓のお姉さん、美々卯の相談役、近鉄・鉄道の関係者当時の佐伯さん最高でした。、神戸新開地の若親分鉄砲玉が飛んできそうだ。やばいねと思うが!(刺青も入れず大した男です。)
大阪・京都へ来て神戸は楽しきなり。
そろそろテレサ テンに参りましょう。中国語の歌が良い、ふるさとはどこですか、女の生きがい、アカシアの夢、小城故事、我思把佳時、再会我的愛人(Good my Love)
中国語で聞くのが良い
テレサ テンに愛人を教えていただいた恋人だそうだ嬉しいなと思う。空港・つぐない・かなしみをおどらされた、時の流れに身をまかせ。愛のまなざしを聞いはてみたい。
彼女は尊敬の念あり優しく心もちを対応していた。
日本の演歌歌手よりも詩を大切にして歌い上げていました。

嬉しき事なり。感謝

         ~夢  龍  庵にてテレサを思ふ~
レサ~







 

第1回 Masato Note

 投稿者:蝦名正人  投稿日:2014年 1月 7日(火)21時05分10秒
  第1回 Masato Note 『午年の新年におもふ』~いつの世も賢者の現れる事を!~

 新年は誠に穏やかな日が続き嬉しき事なり。
それにつけても情けない現役も過ぎたというのにいまだ徒党を組みおる族がおるのは残念である。都合とはすべてに合わすと聞き及ぶがそうでない者がいまだおり残念である。
ご本人たちが、中心であると錯覚して人選をしておるらしい。どうせたいしたものはいない。

 そんな事はどうでもよろしいが自分たちで世の中を回していると錯覚しているのだろうか?
これからの日本人は伝統文化(京都では日常の如く行うものである)今後とも引き継いで後世に伝えてゆく事の重要性が論じられなければならないと考えるものであります。
母親の教えで立居振舞が決まるとは恐ろしいましてや和食における食べる時の器と箸の作法とは
まるで茶道の如きなり・・・・・。

 小生も俳句に始まり茶道、華道、歌舞伎、能、禅という環境をいただき由緒正しい日本の教養を凜とした日本人になるための日本文化入門を勉強中であります。
これからは、道のつく剣道、弓道等に習い心をさらに極めてゆきたいものです。

 TVでは究極の京都は、職業を通じての食道楽が楽しく良い店を教えていただけます。
最近の参考本カウンターの中から見えた「出世酒の法則」カクテルで小生の好きなマティニかと思いきやダイキリであった。(リ-ガロイヤルホテルマスタ-バ-テンダ-の書)
琵琶湖から世界へ、何のための秘密保全法か、新しい火の創造(エイモリ-・B・ロビンス著で原子力に替わるエネルギ-について)、総理への直言、日本語の常識を問う、日本人はなぜ日本のことをしらないのか、日本人はいつ日本が好きになったのか(話題の竹田恒泰氏著)
興味のある事ばかり海の天然サプリ「煮干し」のサプリ等日本の和食に続き、仏では、餃子にんにく抜きと弁当が流行り、京都錦市場の主が言うには、削り節をよく買っていただけると世界へ向けての時代の変化に商いを続けておいてよかったとの談あり当然旨みの文化となる。この食文化はUS、EU圏にはないとの由、錦市場のこの店の鰹節削器の価格は¥20000でした。
帰り家の削り器はふた付き、浜松の久保田木工製造であり、悠々クラブの皆様も探してみたらと思います。高いものですよ!

 演歌が今流れている「受けた恩は世間に返す」と北島三郎の歌で日本のこころは変わらない。
嬉しく感謝。

   初春や 天馬駆けしは 我が人生       青山

   紅く燃え 南天の実に こころ染む

   初春や 穏やかなりて 平和なり

     ~京・大原野散策に南天の紅が身に染む~










 

レンタル掲示板
/23