teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:14/1108 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

彩り

 投稿者:ハコさん  投稿日:2017年10月17日(火)21時19分37秒
  通報 返信・引用
   村長、由美さん、そして同宿させて頂いた方々、お世話になりました。ありがとうございます。

 秋色のニセコを訪れるのは4年ぶり。ムイネシリポントーに行けなかったのは残念でしたが、訪れた所は、どこも秋の盛りで色鮮やかでした。今年は、特に良い色が出ていると思います。

 一昨日降った雪が、まだ所々に残っている。白い雪と色づいた樹木、雪を散りばめて聳えるイワオヌプリが美しい。小高い丘から、赤や黄色に染まった風の谷、シランプリやワイスホルンを眺める。大沼は黄葉した湖畔の樹木を映している。混じりけのない赤や黄色。青空のもと、静かにゆっくりと時が流れていましたね。

 曇ってるのかなと思ったら朝霧。湯本温泉手前まで来ると霧が晴れ、紅葉した樹木、雲海、そして、遠くに山並みが広がっている。美しい眺め…。イワオヌプリの岩場に登り、一昨日とは違った角度で、風の谷、シランプリ、ワイスホルンを眺める。笹の緑、あるいは、白い地肌を背景に、赤いウラジロナナカマド、黄緑や黄色のダケカンバが浮き上がっている。その上を白い雲が舞い流れてゆく。雄大な風景…、何度見ても良いですね。

 白い月がぼんやりと見えてるので、薄い雲がかかってるのかなと思っていたら、次第に雲が重くなっていく。「朝霧じゃないよね?」ということで、先ず、半月湖を訪れることに。大きな木が何本か倒れていて、散策路の木々は少し疎ら。紅葉はまだ始まったばかり。色づき始めた樹木にうっすらと霞がかかり、淡い緑の水面に映しだされていました。
 風の谷に行けるかなと登山口に向かうと、一面のガス。これでは登るのは無理。濡れネズミになってしまう。「今日は、ライオンの滝に行き、昼食はステーキかな?」と思っていると、ワイスホルンの登山口方向に向かい始めた。「この天気でワイスに登るんかな?いや、違う。風の谷の裏ルート(ワイスルート)や!」「ここを下って行くとワイスの登山口に出ることができるんだよ。」と、先日、村長が言ってた。曇ってはいるけど、雨は降っていない。風の谷ワイスルートは、泥濘が多く歩きにくい。水たまりに木がおいてあるけど、疎らで踏み外しかねない。場所によっては、くるぶしあたりまで、ズボッとはまってしまう。登り始めてしばらくすると、雲がきれ青空が覗きだす。そして、樹木の間から、赤や黄色に染まったワイスホルンの紅葉が見え始める。そして、急斜面の丘に出ると、ワイスホルンの紅葉した斜面全体が。近くで見ると、その美しさが際立ってくる。雲はいつの間にか消え、きれいな青空が広がっている。滑りやすい急斜面を木の枝や笹につかまりながり降り、しばらく進むと硫黄川が見えてくる。やっと風の谷に着いた!空気が澄んでいて、広々とした中の爽やかな紅葉。泥々になったけど、起死回生の素晴らしい一日でしたね。

 後半の3日間は、雨マーク。そこで沢に入ることに。白老滝、定山渓龍ヶ渕、そして白老川下の廊下。何処も紅葉は少し早めに進んでいる感じ。赤いモミジと豪快に飛沫を上げ深い緑の水を湛える白老滝。青みがかった岩壁、きれいな滑床、淡く、あるいは、少し濃さをます緑の川の流れ、色づいた樹木。きれいでした。

 最終日は、望岳の滝に行く予定やったけど、沢上部の葉が少し寂しくなってるのと雨を避けて白老川の下の廊下に行くことに。四季彩街道、赤や黄色に染まった山々や谷がどこまでも続いている。雨雲をやり過ごすのに、覆道のガードレールにもたれて、昼食がてら眺めてましたね。下の廊下も紅葉が真っ盛り。緑の水に映る赤や黄色の樹木が美しい。このところの雨で白老川は水量が増えているようで、渡渉する際の水深の判断が難しい。どこに足を置いたら良いやろと探っているうちに、左足が滲みてくる。いやな感じやなと思ってたら、バランスを崩して右腰下あたりまで水の中に。あっと思う間もなくカメラも。「終わった!最悪や!」村長にサポートしてもらって対岸に渡る。カメラは半分くらい濡れてたけど、液晶表示も通常と変わらず、何とか動いているみたい※。今回の沢登り(白老滝)では、岩に足をとられて転んだり、親指を捻挫したりと御難続き。この日も、ルートファインディングを間違えて、滝の飛沫を浴びてしまう。ちょっと濡れるだけでやり過ごせたという記憶があったんやけど。「ああ、冷たかった。」けど、これも良い経験。今まで大丈夫でも、ちょっと間違えると難に出くわすことの良い教訓。大変な一日やったけど、きれいな紅葉を楽しむことができました。
 ※ その後、しばらくはどうもなかったけど、エラー表示が出始め回復しそうもない。そこで、家に帰った翌日、サービスセンターに持っていこうと動作確認をすると、エラーが解除され、何事もなかったように動いていました。原因は分からへんけど、良かった!

 ニセコの雨を避けて向かった積丹の両古美山。谷筋や積丹岳から余別岳にかけての紅葉、雲の影が映しだされた輝く海の風景、きれいでしたね。白老川と違って豪快に流れる定山渓龍ヶ渕も紅葉に彩られていました。

 11日は定休日なので、無理かなと思っていたフランス亭。開けて頂いて、ありがとうございました。ひと月前倒しのバースデイも、皆さんからお祝いしてもらって良かった(ちょっと、照れくさかったけど)。また、ボリュームたっぷりの北のランプ亭。魚介類、肉や野菜類も新鮮で美味しかった!トレッキングにグルメ、今回も充実した7日間を過ごさせてもらいました。次は、冬。また楽しみです。どうもありがとうございました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:14/1108 《前のページ | 次のページ》
/1108