teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


返事は?

 投稿者:mikoyo  投稿日:2009年 1月22日(木)01時56分10秒
  ここに書いていいのかしら?  
 

思いやりは心の豊かさ

 投稿者:三木孝良  投稿日:2009年 1月17日(土)20時25分42秒
  14年前の震災直後に、西宮に住む親戚のおばちゃんから、飲料水を蓄えるポリタンクが、現地ではとても手に入らないので、送って欲しいとの連絡があった。
それも繋がり難い電話で、やっとの思いの連絡であった。
こちらではまだまだ容易にポリタンクが入手出来る状態だったので、早速二つ買って宅急便で送った。でも内心届くだろうか、また届いてもいつのことになるだろうかと心配だった。

時を経て少し落ち着いてきた頃、おばちゃんは「あの時、ポリタンク送ってもうてほんまに助かったわ・・・」と、ことあるごとに心からお礼を言ってくれます。
しかし僕はその度に赤面する思いだった。
「おばちゃんが困っていることは、そのご近所の方々もきっと困っているはず、50個か100個ほど送って、ご近所の方や困っている方に分けてあげて・・・」と、どうして気が利かなかったのだろうかと、後の祭りである。
思いやりは自分の心の豊かさ・・・
あの頃の僕は、心がそんなに豊かではなかったのだろうか。
恥ずかしい思いをしながら、また困っている人と一緒に悩み苦しみながら、少しづつ成長するのだろう。
 

忘れずに

 投稿者:福岡賢作 メール  投稿日:2009年 1月17日(土)15時52分53秒
  震災から14年、繰り返される悲劇。それは天災もあり人災もあります。人が死に傷つき血を流し、そばにいるものは涙するしかありません。 それで終わっていいのでしょうか? 何か出来ることをするということでしょうね! 大規模な救助活動や支援は権力者に任せて、お菓子や飲み物を持っていくことも大事でしょうし、困っている人の目線に立って考えるだけでもいいのではないでしょうか!
それなら障がい者にも誰にでもできることです。ここに自分の気持ちを分かってくれる者がいると思えばつらさや哀しさは少しは減るでしょう....
大人になったあっちゃんも、あの日のことを覚えているかもしれませんね!
 

神戸のあっちゃん

 投稿者:きよし  投稿日:2009年 1月17日(土)10時24分33秒
  1月17日
神戸の震災で知り合ったあっちゃんも、成人式はすんでる歳頃だろうな。。。

【僕にすれば一回のスナックの飲み代で駄菓子を買い求め、翌日神戸駅に降り立った。
くずれた瓦礫を両わきに一時間も歩いただろうか、坂道を上がったところの学校に入って行った

『わたし、あっちゃん・・・』と自己紹介してくれたパジャマのズボンをはいた女の子は、
ダンボールと毛布で区画整理をした中学校の講堂に、母親とばあさんと小学生の兄ちゃんと避難していた。

あっちゃんは彼女の友達(高校生から幼児まで、おじいさんも一人いた)を紹介しながらリュックサックからポテトチップスとキャラメルとコーラを得意そうに配ってくれた。気恥ずかしいのと人見する私には、とても助かった。

中学校を後にするとき雪がチラチラ舞う中を彼女は校門まで送ってくれた。
『おっちゃん、又来てや』
『うん』
『いつ来るの』・・・・・『いつ来るんや』・・・・・。
『うーん、そんなら来週も来るか!・・・・。
『指切りや、ウソついたら舌切るんやで。』
小さな指は冷たかった。

コカコーラが残り少なくなってか、肩の重みが嘘のように消えたが、それはコーラの重みだけでないことを私は感じていた。

1週間後の2月17日は風の強い日だった。
約束どうりあっちゃんに会いに神戸駅に降りた。
中学校に着いたとき生徒らが大きな声をだしてサッカーに講じていた。
陽だまりの運動場の片隅に避難所の人たちの輪が有り、私も一服つけに仲間に入れてもらった。
避難所で風呂に行ってる隙に盗難に遭ったという話題に、彼らは憤っていたがその話をさえぎるようにチャイムが鳴った。
子供たちが先生の前に集まり、あっちこっちで黙祷の輪ができる。
今日はちょうど被災一ヶ月だ。私も少し離れた後ろで加えてもらった。
何人かの子供たちが、肩を震わせている。、、、袖口で涙をぬぐっている子もみかける。
『黙祷なおれ』の号令の後それぞれが散って行った。昼飯だ。

ひとりの女の子が、すぐ傍の鉄棒に額をつけた。
友達らしき子が二人来て両側から肩を抱いている。
嗚咽が止まらない。駆け寄った二人も言葉が無いようだ。
彼女に何があったのだろう。
・・・ガレキの下から助けを求めた声を思い出したのか・・・
・・・身近な犠牲者を偲んでいるのか・・・
聞く術も無い。
その子の心情を思って見つめていたら私の目頭もかすんでいた。

うなだれた三人が立ち去った後、あっちゃんに会いに講堂に向かった。
めざすあっちゃんは居なかった。
隣のばーさんの話だと家族で買い物に行ったとのこと。
毛布がきっちりたたまれ、周辺も整理されているのを見てあっちゃんの幸せが伝わってきた。
先週と同じお土産をダンボールの上に置き、チラシにメモをした。

『あっちゃんへ、
やくそくどうりきたけど、るすだからかえります。ともだちにあげてね。またくるからね。
このつぎは、おじちゃんのいえへとまりであそびにいこうね』。

その10日後ぐらいに行ったら、あっちゃんも家族も居なくなっていた。】
 

コッテ牛 でいきましょう。

 投稿者:きよし  投稿日:2008年12月31日(水)23時09分52秒
  サブプライムローンから端を発した急激な不景気が世界中を吹き荒れてます。
なんで、こんな不良債権が世界中で蔓延したのか資本が考える頭を疑います。

2四期の決算も軒並みに減益で前年比▲32%です。
新年度の3四期と期末決算はさらに弱含みが出てくるのは間違いがないでしょう。

IMFの調査では経済成長は
アメリカ=▲0.7%
ユーロ圏=▲0.5%
日本=▲0.2%
です。

底が見えるのは09年半ばかもしれないけど、、、
鉱工業生産指数はー10%を超す数字がさらに悪化が予想されてるし。
実体経済はこれからさらに減速するでしょう。

金融庁ではダウ6000円割れも考慮・・・と言ってます。
元の経済に戻るのは数年はかかりそうです。
今年は去年より厳しい世相になりそうです。
牛年も「コッテ牛」で、、、
◎あせらず
◎いそがず
◎うろたえず
◎えらそぶらず
◎おこたらず
でいきたいものです。
(この5訓は現役時代に色紙に書いてたものです)

派遣切りや外国労働者切りがメディアのニュースソースで賑わっているけど、
正社員の首切り(希望退職?)も、これからは出てきそうです。
中小・零細企業の倒産は増え続けるでしょうし、大企業も例外は無く、吸収やM&Rが増えそうです。
いつの時代も泣きを見るのは庶民です。

2次補正も新年度まで持ち越されて、大幅な赤字国債を発行するに違いありません。
独立法人への天下りや官庁の無駄遣いにはメスを入れようともしない政府です。
借金1人700万円という気の遠くなる国の借金は国民に対する「ツケ」にしては飲み屋のツケどころか高利貸しの借金どころじゃない数字です。
とりあえず、【健康と安全】で過ごしましょう。
 

こんばんわ

 投稿者:aki  投稿日:2008年12月10日(水)00時49分28秒
  今回はどれを出されるのでしょうか?2テン出されるのですよね^^
何を出されるのか心まちしてますよ。いつ頃だったかな?日にちはきまってるのかな?
ホテルで何日かおかれるのでしょうか?まーーぁ皆が見て心に残るのがいいですよね。
 

お疲れさまでした

 投稿者:さら  投稿日:2008年12月 6日(土)15時40分58秒
  展示会の成功おめでとうございます。どれも力作ですね 実際に観られなくてごめんなさい。私は何故か夕凪の唐荷島に惹かれます。心のわびが聴こえるようです。音楽も絵も同じだと思います。わびさびがなければ心に響かない。おじいちゃんの船も私の好きな作品のひとつです。暖かいですね きよしさん、冬の鈍色(にびいろ)の日本海って行かれたことあります?  それはそれは吸い込まれそうな海ですよ また挑戦してみて下さい。  

素晴らしい絵をありがとう

 投稿者:藤原 理恵子メール  投稿日:2008年12月 1日(月)17時59分40秒
  先日はありがとうございました。色々教えてください。  

「室津港の風景画展」終わりました。

 投稿者:きよし  投稿日:2008年12月 1日(月)15時22分36秒
  人気ホテル【Hシーショア】での「室津港の風景・きよしの油絵画展」は、1ヶ月のロングランも皆様の御支援で無事終了が出来ました。

芳名帖には 394人のお名前をいただきました。
遠方より駆けつけてくださった方も居ました。
僕の絵に会いに来てくださった方も居ました。
お義理で僕に会いに来てくださった方も居ました。
会場にはお見えにならなかった方も含めて、皆さんのお力添えのお陰の個展でした。

シーショアの岡田支配人をはじめ、やさしいスタッフの心配りにも感謝です。
1ヶ月会期の個展はP&Gギャラリー以来でしたが、
フロントのアドバイスもあり今回は出来るだけ会場に詰めさせていただきました。

人生は出会いだと聞きます。
一期一会の楽しい1ヶ月間でした。

展示作品28点中の人気作品は以下でした。
◎夕凪・SM。
◎城山への道から室津港・F10。
◎冬の唐荷島・F6。
◎浜からの唐荷島・F3。
◎夕凪の唐荷島・F6。
これらの絵は{ギャラリー}の中にあります。

絵も沢山嫁に貰っていただきました。
ド素人の僕には、絵が手元から無くなるのは何ともいえない寂しさを覚えますが、
望まれて嫁に貰っていただけるのだから、きっと可愛がってもらえると慰めています。
昨夜は絵との惜別を、深夜に"米のささやき”で寂しさを紛らわしてお別れをしました。

でも、無くなった絵13枚は、又描きます。
 

展示会おめでとう

 投稿者:  投稿日:2008年11月22日(土)00時49分40秒
  そちらに行った時は天気が良くて本当によかったです
今は天気が崩れてしますが^^ラッキ!でした(^。-)bグゥ
w足しの好きな絵は皆お嫁入りされてます
いい感じです~~またがんばってくださいd(。ゝω・。)ネ!
 

レンタル掲示板
/20