teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


菅の坂峠

 投稿者:ふぉれすと(まるいち改め)  投稿日:2010年 4月18日(日)20時44分18秒
  久しぶりの投稿となります。
こんにちは。ご無沙汰しております。

上林の山を極めたいと言っておきながら、なかなか歩けてない状態です。気長に歩こうとは思ってますが・・・。
老富と福井の川上の境、永谷峠(長谷?)から菅の坂まで若丹国境尾根を少し歩いてきました。
点名妻谷尾はパスして谷間の田んぼの奥から尾根にとりつき、点名川上(鳩ヶ峰)を経て菅の坂まで行ってきました。

見落としそうな小さな祠(?)の仏様が迎えてくれました。落ち葉に埋もれてしまいそうですが、そんなことも気にすることもなく笑ってられるかのようでした。

古和木からの道は確認してませんが、福井側は道がついてたであろう林道の法面がごっそり落ちていて降りるのに苦労しました。

http://w-forest.blog.eonet.jp/weblog/

 
 

Re.おはようございます

 投稿者:なべちゃん  投稿日:2010年 4月 2日(金)07時52分7秒
編集済
  たつお様 おはようございます。
先日の「大岩の滝」の写真、ご投稿有難うございました。
本当に精力的に取材活動され、ますます充実した楽しいHP「気の向くままに 近畿の滝を
中心としたフォトギャラリー」を公開されていますこと、お慶び申しあげます。

地元の奥上林と美山町の皆様が中心で府道:綾部ー美山線の開通を願って毎年開催される
「洞峠の風にふれる交流会」と云うのがあります。
 http://www.nbcayabe.com/toge/horakry/horakry.htm
 http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/476.html

その前日に、藤本様ご夫妻が洞峠周辺の山野行をされており、明日が交流会だとお知らせを
いただき久しぶりに参加しました。

その時に地元からの配布資料として「秘境の大発見 堂奧谷の滝」をいただきました。
 http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/490.html

すぐに藤本様にお知らせして、翌日「まぼろしの滝」まで行かれ撮られた滝と巨樹の写真を
投稿いただいた経過があります。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/491.html
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/492.html
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/499.html
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/501.html

地元提供の新聞記事資料(京都新聞)なので地元の地域活性化に寄与いただきますよう、
よろしくご利用ください。

9時半から「綾部の文化財を守る会・会員数約400名」の幹事会総会があり、出席してきます。
当会のホームページ委員長を勤めさせていただいています。
 http://8711.teacup.com/tsuguo/bbs/454
投稿いただきました「大岩の滝」も掲載させていただきたくご了解ください。
 http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/806.html

http://www.nbcayabe.com/

 

おはようございます

 投稿者:たつお  投稿日:2010年 4月 1日(木)07時36分13秒
  なべちゃん おはようございます!
綾部の文化財日誌 拝見致しました。
紹介していただいた事を感謝します。

当方のアップの折に「綾部の文化財日誌より」ということで
以前の京都新聞の記事と、切り抜き写真を借用したいと思っているんですが
了解頂けますでしょうか?

添付は、昨日の大岩の滝です。

http://www.geocities.jp/kurumilk_web/hyogo/

 

Re.こちらこそよろしくお願いいたします

 投稿者:なべちゃん  投稿日:2010年 3月31日(水)19時58分33秒
編集済
  たつお様
今日は遠路、綾部古屋の秘境、まぼろしの滝までお出でいただき、奥様、ふじもと様とご一緒
していただきまことに有難うございました。

3月末の降雪の残る難路を滝まで踏破され、撮られた素晴らしい滝の写真を早速にもご投稿いただき、
大変感謝をしています。

「綾部の文化財日誌のジャンル:綾部の滝」に、いただきました新雪と写る滝の写真と、
素晴らしいHP「気の向くままに 近畿の滝を中心としたフォトギャラリー」を
紹介させていただきたくご了解ください。
 http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/805.html

私は日頃の運動不足で途中でリタイヤしてしまい、ご迷惑をかけましたが、久しぶりに
スリルを味わい、面白く満足しています。今後ともこちらこそ宜しくお願い申し上げます。

http://www.nbcayabe.com/

 

こちらでははじめまして!

 投稿者:たつお  投稿日:2010年 3月31日(水)19時05分36秒
  なべちゃん こんばんは!

今日はお付き合い頂きまして、どうもありがとうございました。
目に青葉~山ほととぎす~初カツオ~~
の頃にでも、またご一緒致しましょう。
その折にもよろしくです^^

今日の上林のまぼろしの滝!
上の方、下の方、ほぼ全景の、3枚を貼り付けます。
では、これからもよろしくお願い致します。

http://www.geocities.jp/kurumilk_web/hyogo/

 

銀嶺会奥美濃2泊3日スキーツァ報告連載中

 投稿者:なべちゃん  投稿日:2010年 3月20日(土)11時49分7秒
編集済
  綾部のシルバースキークラブ銀嶺会18名で岐阜県奥美濃の白山連峰山麓にあるスキー場に
行ってきました。
いとしろシャーロットタウン・スキー場、ウィングヒル白鳥リゾートでのスキー風景、
宿泊のホテル・ヴィラ・ウィングヒルでの銀嶺会食事ミーティングなど写真と文章で紹介しています。
 http://nbcayabe.blog34.fc2.com/
また、白山古道「義経の道」由来
 http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/803.html
恐竜街道 「恐竜の道に思う」も掲載しました。 ご笑覧ください。
 http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/804.html

http://www.nbcayabe.com/

 

Re.サッカースポーツ少年団に応援を!

 投稿者:なべちゃん  投稿日:2010年 2月28日(日)08時49分1秒
編集済
  桶川サッカースポーツ少年団さま
新潟県でのスキー合宿先:須原小学校で雪だるまを製作されたのですね。
一票投票しておきました。
私たちシニアスキークラブ銀嶺会が良く行く石川県の白山白峰温泉にも
雪だるま祭りがあり、宿泊で深夜・厳冬の街に出ると仄かな明かりに照らされた
雪だるまが辻々で出迎えてくれ、幻想美が豊かでした。
http://www.justmystage.com/home/nbcayabe/ski/s015.htm

http://www.nbcayabe.com/

 

サッカースポーツ少年団に応援を!

 投稿者:桶川サッカースポーツ少年団メール  投稿日:2010年 2月27日(土)22時20分3秒
  http://yukidaruma-p.com/
このサイトは、群馬県水上町の活性化のために企画した「みなかみ雪だるまパー
ティー」と言って雪だるまの写真をエントリーしWeb投票によって順位を競うも
のです。
今回ビジター雪だるま部門に「雪だるま少年団」と言う作品名で私の関わってい
ます、
桶川サッカースポーツ少年団がエントリーしています。サッカー少年たちに、是
非一票を投じてください。よろしくお願いいたします。

http://okedan.com/

 

綾部テニス協会ホームページ リニューアル公開!

 投稿者:なべちゃん  投稿日:2010年 2月16日(火)11時32分32秒
編集済
  2010年より綾部テニス協会HPが新しい編集者の手により完成公開されました。
旧来以上にご愛用ください。

綾部テニス協会のホームページ
http://ayabetenniskyoukai.web.fc2.com/index.html

第29回綾部室内オープンテニス・トーナメント大会結果
http://ayabetenniskyoukai.web.fc2.com/kekka/2010-2-14.pdf

http://www5.nkansai.ne.jp/users/nbcayabe/

 

Re.気仙大工

 投稿者:なべちゃん  投稿日:2009年12月25日(金)11時25分38秒
  お久しぶりです管野様、Doblog 廃止ですっかりご無沙汰でした。
12日は山の神の日、12人の子供ですか・・
私のブログ記事です。文化財関係のHP、ブログを頑張っています。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/777.html
叉木は釘抜きでは、あるいは長い釘を真直ぐに打ち込むための
補助治具では?
懐かしい方からの投稿有難うございました。今後ともよろしく。

http://www.ayabun.net/

 

レンタル掲示板
/32