teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


相性が良いね!

 投稿者:アンビシャス由美さん  投稿日:2019年 3月 6日(水)22時57分11秒
返信・引用
  ハコさん、今回もありがとうございます!
ハコさんの日頃の行いが良いのと羊蹄山との相性が良いのでしょう、素晴らしい景色を楽しめましたね。
奈良の霧氷の山も気になります。見てみたいです。
3月もお会いできるかな?またお待ちしています。
 
 

雪の丘、夕映え、そして青い氷爆

 投稿者:ハコさん  投稿日:2019年 3月 6日(水)22時28分3秒
返信・引用
   村長、由美さん、同宿させて頂いた方々、お世話になりました。ありがとうございます。

 3月末で廃止される夕張支線。少し気だるそうなローカル線独特の響き、ガタゴトという揺れが心地よい。霧氷の樹木、雪深い街並みを進み、小さな駅にゆっくりとすべりこむ。そして、一息ついたと思ったら雪景色の中に折り返していく。小降りだった雪は次第に本降りに…。12時の気車は清水沢でスリップして運休するという。追分まで戻れるのかな?乗る予定だった方達とともに様子見も兼ねて、駅に併設されてる喫茶店で暖を取らせてもらった。紅葉の頃、また訪れてみるのも良いかな。

 そして清里へ。強い寒気が入ってるけど、朝夕は無茶苦茶冷え込むことはないみたい。今年も流氷がビッシリ。オシンコシンの滝も氷爆になってる。知床自然センターから森に。断崖、流れ落ちる青い氷、押し寄せた流氷…。今年もこの景色に出会えて良かった!さらに崖近くを進んで行くと、流氷を背にした鹿と出会う。森を抜けて風衝地に出ると、山にかかっていた雲が少しずつ少しずつ薄くなり、知床連山が姿を現す…。象の鼻付近から知床連山を眺めるのは初めて。真っ白な峰の連なりが美しい。翌日、知床五湖からも眺めることができた!

 今年のニセコ、雪は平年並みらしい。アンビシャスは雪に埋もれることもなく、窓から遠く景色を眺めることができる。新たに購入した除雪機が雪を遠くまで飛ばせるので、雪壁にならないとか。今回は雪が降らなかったこともあり朝食前の除雪は無し。ちょっと拍子抜け。

 「明日は良い天気になりそうなので羊蹄山を見ながら歩けると良いね。」太平洋側の天気が良さそうやなと思ってたら、ニセコ付近も良くなるみたい。朝、青空は見えてるけど西の方には雲。ほんまに良くなるのかな?そして、風が意外に強い!「まいったな。」ということで、歩けそうな所を探して廻り、美原牧場へ。なだらかな雪の丘と木立、雪がかぶさった小さな家の様子が面白い。雪の丘に登り羊蹄山を眺める。頂上付近は雲。反対側から風がぶつかって雲が発生してるらしい。雪の丘を下り、牧場側の美原山へ。羊蹄山にかかってる雲は時折薄くなり、頂上付近の稜線が見える。思ったより風は強くなく、スノーシューを楽しむことができました。昼食はプラティーボで取り、その後、結婚願望の木を見に行く。羊蹄山はまだ雲の中。雲、とれるのかな?夕暮れまで、時間があるのでヒルトン・ホテルの方まで行ってみる。スノーシューで歩いた後があり、雪が締まっているのでツボ足でも沈むことはない。陽が傾くにつれ羊蹄山に映える色が少しずつ変わり始め、雲が次第に薄くなっていく。そして、雲も羊蹄山も紅色に。夕映えの色がゆっくりと山頂に移ろってゆく。静寂の中の夕映え、さくらんぼの木、すごくきれいでした!

 白老の氷爆が見頃だとか。四季彩街道は冬季通行止めなので、高速を使って見に行く。「どうしようか?」と言ってたけど、巡ってきた機会を大切にしないと、次の機会は無いかもしれない。3つの氷爆を訪れるのは時間的に難しいので、カジカ沢の滝と薄明光線の滝に向かう。ゲートを潜って四季彩街道を歩いて行く。しばらくは除雪されてる。林道を通り過ぎ森の中に入って、小さな沢を5~6回渡る。ルートはほぼ平坦で危ない所はないけど、所々踏みぬいた跡があったり、沢に降りる箇所はちょっと傾斜してるので要注意。訪れた日は日中の気温がプラスになってるのか、汗が吹き出てくる。そうするうちに、樹木を通して青い氷が…。カジカ沢の氷爆や!一すじの滝が流れ落ち、沢に沿った岩壁が青い氷柱で覆われている。岩壁の空洞の奥にも氷柱が。青い氷のカーテン。岩から滲みでた水が凍りついたのか。小高い斜面に登って眺めたり、沢近くから見上げたり。スケールが大きいので写真に収めるのが難しい。やがて滝の上に青空が広がり始める。陽射しははもう春…。

 四季彩街道に戻り、薄明光線の滝を目指す。ルートはカジカ沢と同じような感じで、やっぱり沢を渡る箇所がある。少し小高い所に出ると、そこから薄明光線の滝を見下ろすことができる。ここから滝までがちょっとした難所。細い急な斜面を降りて、降りてきた斜面を回りこんでトラバースしなければならない。斜面を下るルートはあって無いようなもの。踏み込もうとするけど急なので滑ってしまう。歩いて下るよりは滑る方が安全か。けど、木にぶつかったり、そのまま滑っていかないように。そうして、何とか滝にたどり着く。オーバーハングした岩壁の上から大地に突き刺すように氷爆が成長してる。氷爆の下には小さな沢が。どのようにして、こんなにすごい氷爆ができるのか?これから、まだ成長するというから不思議や。この氷爆は後ろに回り込むことができる。氷爆近くは完全に凍結してるので滑らないように。氷爆に近づくと水が流れてる。また、青さが際立ってくる。色々な角度から氷爆を楽しむことができ、すごくきれい!岩壁の奥にも滲みでたような複数の氷爆ができている。不思議な光景。氷爆を一回りして少し離れた所から眺めてると、小さい黒い岩の欠片が降ってきた。この岩壁はもろいのかも。小高い所から覗きこむ時も注意しないと。

 暖冬と言われてた今年の冬。そのせいか、南岸低気圧が多く発生し、奈良の山でもほぼ毎回きれいな霧氷と出会うことができました。奈良の霧氷登山も2月末で無事終了。今回もきれいな丘の美原牧場、素晴らしい羊蹄山の夕映え、そして青い々氷爆を楽しむことができました。ありがとうございました。
 

明けましておめでとうございます!

 投稿者:アンビシャス由美さん  投稿日:2019年 1月 2日(水)22時52分29秒
返信・引用
  今年もどうぞよろしくお願いします!

チョウノさん、随分とお返事が遅くなって申し訳ありません。
昨年は、3回もありがとうございました!秋はやっと天気が良くなって私もホッとしました。
チョウノさん達の楽しそうな笑い声を聞くと嬉しい気分になりました。またお会い出来る日が楽しみです。
九州をゆっくり回るのは夢です。今度是非行きたいと思っています。

ヤマネさん、先日はありがとうございました!
毎日スキーへ出かけられてお元気だなぁと感心していましたが、聞けば聞くほど色々な事をされていて
次々と話のネタがあって驚かされました。器用になんでも作られて素晴らしいですし
人生を人の何倍も楽しんでおられますね!でも大変な事を乗り越えてこその事なんだなぁと学ばせていただきました。
また今度は奥様とご一緒にいらしてください。楽しみにいています!
 

ニセコ、アンビシャス初滞在

 投稿者:ヤマネ カオル  投稿日:2018年12月22日(土)11時34分2秒
返信・引用
  村長、由美さん、
先日は大変にお世話になりました。今回は一人でスキーで一週間滞在させて頂きました。家内も山とかトレッキングが好きなので、頂いたDVDを鑑賞させて頂きましたら、思った以上にどの季節も綺麗で感心しながら見せて頂きました。いつか家内と二人でも訪れてみたいものだと思います。
それで、言いましたように、私共も例年恒例のスキーツアーを大山の山小屋中心に行っており、毎年ツアーDVDも制作しているので、その中の一つをお送りいたします。そろそろお手元に届くのではないかと思います。とてもアンビシャスのツアーの参考になるようなものとは思いませんが、こんな事をやっている人間もいるという事で、ご笑覧ください。
メニューの中にも弊サイト「自作館」(添付リンク)のリンクがありますので、どうか暇を見つけて見てやってください。

http://fir-tree.la.coocan.jp/

 

お世話になりました

 投稿者:佐賀 チョウノ  投稿日:2018年11月27日(火)10時21分8秒
返信・引用
  村長、由美さん、今年は3回もお世話になり、忘れられない思い出がたくさんできました。ありがとうございました。
ニセコとアンビシャスの素晴らしさに魅了されました。ビデオや写真を見るたびに感動を新たにしています。
九州の山の紅葉は10月中旬ですが、山里は11月中頃まできれいです。ニセコの冬が始まる前の骨休めに来年はお出でください。
足腰が衰えないように山歩きをして、またニセコへ行きますのでよろしくお願いします。
お二人に元気でいてもらわないと伺えないので、お忙しいでしょうがご自愛ください。
ツアーご一緒させていただいたハコさん、お世話になりました。4泊5日までしかできない私には羨ましい限りです。これからも楽しんでください。九州フェリーの旅もいいですよ
 

ありがとうございます!

 投稿者:アンビシャス由美さん  投稿日:2018年11月10日(土)22時24分11秒
返信・引用
  ハコさんカワベッティさん、秋の思い出を書き込んでくれてありがとうございます!
今はすっかり葉が落ちてしまったので、こうして読んでいると色鮮やかだった世界を思い出されて嬉しいです。
今年は夏の間天気が悪い日が多かったし台風も来て、紅葉は心配でしたがいつも以上に綺麗だったし長く楽しめたので良かったです。カワベッティさんが来てくれたので村長も最後まで元気でした。毎年この時期来てくれると助かるわぁ!たまには一人も良いよね?
ハコさんもあの重い荷物背負って走るなんて元気!最近どんどん若返っている気がしますよ!
今年は雪が遅いですが、そろそろ降りそうです。今度は雪遊びですね。またお待ちしています!
 

ザ・紅葉

 投稿者:カワベッティ  投稿日:2018年10月30日(火)23時00分37秒
返信・引用
  村長、由美さん、今回もお世話になりました。
10月も20日過ぎの出発だけどツアーはまだやってるかなぁ?紅葉はまだ残っているかなぁ?・・と出かける前は心配でした。しかしふたを開けてみれば、真っ赤なポロトの森、美しい水の流れと苔と紅葉がコラボした樽前ガロー、文字通りの錦大沼、黄色に変身したブナの原生林、圧巻の泊川渓谷・・と十二分に紅葉を満喫しました。初めての秋のツアー、出かけて良かったです。天候も暑くも寒くもなく快適でこの時期に出かけるのも良いもんだなぁ・・と感じました。
さらにおいしい食べ物も味わって本当に大満足です。加えて由美さんと一緒ツアーは一緒に「晴れの舞」も踊れて楽しかったです。(Hさんもありがとう^^)
また次の季節に出かけることを目標に日々を過ごしていきたいと思います。ありがとうございました!
 

秋色

 投稿者:ハコさん  投稿日:2018年10月25日(木)22時00分31秒
返信・引用
   村長、由美さん、そして同宿させて頂いた方々、お世話になりました。ありがとうございます。

 9月に大雪に行ったし、今年はどうしょう?奈良以外に御在所とかにも行ってみるかな?爽やかな青空の穏やかな日和。こんな日にトレッキングできたら気持ち良いやろな。うん、やっぱりニセコに行こ!

 滞在してる間、寒気が入り込んで不安定な天候が続いている。晴れてるかと思うと雲が広がったり、夜中に雨が降ったり。そのおかげで珍しい風景に出会うことができました。

 朝5時に起きて恵庭岳に向かう。朝焼けに染まる雲と羊蹄山が美しい。ニセコ市街は朝霧に包まれている。色づいた峠を進んでゆき、支笏大橋まで来たとき…。紅葉した渓谷に沿って霧が流れている。霧は朝陽に輝き濃くなったり薄くなったり、姿を変えていく。渓谷の向こうには風不死岳と樽前山。ほんの僅かな間、今だけしか見られない風景。大型車が速度を落とさないで通り過ぎるのでおっかなかったけど、幻想的でした。
 恵庭岳は雲に隠れているので、オコタンペ湖に行ってみる。雲の狭間から陽が射したり陰ったり…、また、湖面もさざなみが立ったり水鏡になったり。深い青、淡い青、そして淡い青の中にとけこむ薄い紅色。言葉では言い表せない不思議な色。色づいた木々が湖面に映えてこのような色になっているらしい。ずっと見ていても飽きないですね。
 雲がとれそうもないので恵庭岳はあきらめて樽前山に。ナナカマドはかなり色づき、また、草紅葉や風不死岳中腹のダケカンバがきれいでした。この日は、雲が多いので青空の下で見たいなと思ってたら、3日後、再び訪れることに。
 再訪の日、澄みきった青空が広がっている。ナナカマドに陽が射し込み紅く輝いている。爽やかな樽前山。やっぱり青空は良いなと思ってたら雲が広がり、雨がポツポツ。かと思うと、また青空が。そして、支笏湖の方に、うっすらと虹がかかり始める。虹は、次第に色を増してゆき、青空の広がる支笏湖の湖面からかかっているように見える。そうして、名残惜しむように背景にとけこんでゆく。ほんの僅かな間の、印象的な光景…。
 今日は、西山ピークを目指し外輪山を一周して登山口に戻ってくる。西山ピークは10年ぶりかな?登るに連れて溶岩ドームが近づき、右手には樹海が姿を現す。ダケカンバの黄色、白い幹が美しい。そして、再び支笏湖が広がり始める。景色が少しずつ変わっていくのがおもしろい。大きな岩に登ったり、西山ピーク手前では、何故か?徒競走をしたり。久しぶりに走ったけど気持ち良かった。噴火湾、オロフレ山、徳舜瞥、尻別岳や羊蹄山、恵庭岳、溶岩ドームとどこまでも続く樹海…。西山ピークから外輪山取付までは、雄大な風景を見ながらトレッキングすることができる。振り返ると西山ピークが遥か遠くに。外輪山分岐から登山口に向かって降りていくと、西日に映えるナナカマド、ダケカンバ、支笏湖が迎えてくれる。紅葉と雄大な風景を楽しむことができるこのコース、すごく良いですね。ちょっと風はあったけど、雨も2度ほどポツポツときただけで、その後はずっーと青空。寄り道した支笏湖湖畔からの風景、立ち上る霧もきれいでした。

 予報では雨マークがついてたけど、朝、目が覚めるとうっすらと青空が見える。そして霧が出てるみたい。昨日、支笏大橋から幻想的な光景を見ていたので今日は良いか。「見に行かないと、悔しい思いをするかもしれないよ。」ということで、朝食前に村長と出かける。ミルク工房まできたけど、まだ、霧の中。「ヒルトンの駐車場まで行ってみますか」。少し登ると霧は晴れている。「スキー場の中腹まで登れば見えるよ。」登れるのかな?そういえば、来馬ではスキー場のコースを登って行ったので大丈夫か。車を降りて一気にスキー場を登り始める。思ってた程登りにくくはなかったけど、息がきれた。振り返ると雲海がどこまでも続いている。頂上に少し雲がかかる羊蹄山、なだらかな山が連なっている洞爺湖方面、そして昆布岳。雲海に朝陽が射し込み、ゆっくりと動いて行く…。
 天気は保ちそうなので鏡沼に出かける。沢沿いの木々が赤や黄色に染まっている。途中、きれいなハウチワカエデに出会う。いつの間にか雲に覆われてたけど、鏡沼に出るとともに青空が広がる。紅葉した木々の間から顔を覗かせているワイスホルン。そして、鏡沼は水鏡に。周囲の木々やアンヌプリを湖面に映しだしている。静かな鏡沼。再び雲に覆われてきたので、アンヌプリの東斜面に向かう。登山道を登っていくと作業道に出る。作業道を下っていくと東斜面が見えてくる。一面に広がるダケカンバ、緑のササに映えるナナカマド。また、雪に耐えて曲線を描くダケカンバの枝ぶりがおもしろい。帰りは、この美しい風景を見ながら後ろ向きに歩いていく。鏡沼を見下ろすテラスはササが生い茂り行きつけなかったけど、木々の間から少し望めましたね。そして、2度目の鏡沼。またも、青空が顔を出してくれる。水鏡の鏡沼に白い雲が浮かび歩いて渡れそうな気がする。天候を一番心配してた日やったけど、朝から特別な一日でした!

 紅葉のピークに初めて訪れた三階滝、ナイヤガラの滝もきれいでした。そして、今年も出会えた間近に望むワイスホルン、四季彩街道と白老の滝の紅葉。四季彩街道では色づいた山々の向こうに樽前山も見えてましたね。どうしようか迷ってたけど、素晴らしい秋に出会えて良かった。どうもありがとうございました。

 P.S. Mさん、ニジマス美味しかった!また、機会があればお願いしますね。
 

大丈夫です

 投稿者:アンビシャス由美さん  投稿日:2018年 9月 7日(金)15時14分13秒
返信・引用
  ご心配いただきありがとうございます!停電も解消しいつもの生活ができています。
でもたった1日の停電でしたが、こんなに大変だという事がわかりました。
高橋さん達の7年前の苦労がようやく実感としてわかりました。でもこんなもんじゃ無かったのでしょうね。
ニセコはそんなに揺れなかったのでここまで大変な事になっていると朝までわかりませんでした。
そして停電なので情報が入らず不安ばかりが大きくなりました。体験してみないとわからない事だらけですね。
今回の経験を今後に活かしてたいですけれど、こんな災害はもう起きて欲しくないですね。
早く全道的に復旧してほしいものです。Aさん、お待ちしています。

ハコさん、大雪の事も書いてくれてありがとうございます!一緒に歩けて楽しかったですね!
 

(無題)

 投稿者:メリーさんの同部屋旅人ーA  投稿日:2018年 9月 6日(木)11時41分42秒
返信・引用
  先日予約入れたばかりなのに、北海道内、全戸停電ニュース聞き驚いてます。
早期復旧願ってます。
 

レンタル掲示板
/113