teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/1119 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

秋色

 投稿者:ハコさん  投稿日:2018年10月25日(木)22時00分31秒
  通報 返信・引用
   村長、由美さん、そして同宿させて頂いた方々、お世話になりました。ありがとうございます。

 9月に大雪に行ったし、今年はどうしょう?奈良以外に御在所とかにも行ってみるかな?爽やかな青空の穏やかな日和。こんな日にトレッキングできたら気持ち良いやろな。うん、やっぱりニセコに行こ!

 滞在してる間、寒気が入り込んで不安定な天候が続いている。晴れてるかと思うと雲が広がったり、夜中に雨が降ったり。そのおかげで珍しい風景に出会うことができました。

 朝5時に起きて恵庭岳に向かう。朝焼けに染まる雲と羊蹄山が美しい。ニセコ市街は朝霧に包まれている。色づいた峠を進んでゆき、支笏大橋まで来たとき…。紅葉した渓谷に沿って霧が流れている。霧は朝陽に輝き濃くなったり薄くなったり、姿を変えていく。渓谷の向こうには風不死岳と樽前山。ほんの僅かな間、今だけしか見られない風景。大型車が速度を落とさないで通り過ぎるのでおっかなかったけど、幻想的でした。
 恵庭岳は雲に隠れているので、オコタンペ湖に行ってみる。雲の狭間から陽が射したり陰ったり…、また、湖面もさざなみが立ったり水鏡になったり。深い青、淡い青、そして淡い青の中にとけこむ薄い紅色。言葉では言い表せない不思議な色。色づいた木々が湖面に映えてこのような色になっているらしい。ずっと見ていても飽きないですね。
 雲がとれそうもないので恵庭岳はあきらめて樽前山に。ナナカマドはかなり色づき、また、草紅葉や風不死岳中腹のダケカンバがきれいでした。この日は、雲が多いので青空の下で見たいなと思ってたら、3日後、再び訪れることに。
 再訪の日、澄みきった青空が広がっている。ナナカマドに陽が射し込み紅く輝いている。爽やかな樽前山。やっぱり青空は良いなと思ってたら雲が広がり、雨がポツポツ。かと思うと、また青空が。そして、支笏湖の方に、うっすらと虹がかかり始める。虹は、次第に色を増してゆき、青空の広がる支笏湖の湖面からかかっているように見える。そうして、名残惜しむように背景にとけこんでゆく。ほんの僅かな間の、印象的な光景…。
 今日は、西山ピークを目指し外輪山を一周して登山口に戻ってくる。西山ピークは10年ぶりかな?登るに連れて溶岩ドームが近づき、右手には樹海が姿を現す。ダケカンバの黄色、白い幹が美しい。そして、再び支笏湖が広がり始める。景色が少しずつ変わっていくのがおもしろい。大きな岩に登ったり、西山ピーク手前では、何故か?徒競走をしたり。久しぶりに走ったけど気持ち良かった。噴火湾、オロフレ山、徳舜瞥、尻別岳や羊蹄山、恵庭岳、溶岩ドームとどこまでも続く樹海…。西山ピークから外輪山取付までは、雄大な風景を見ながらトレッキングすることができる。振り返ると西山ピークが遥か遠くに。外輪山分岐から登山口に向かって降りていくと、西日に映えるナナカマド、ダケカンバ、支笏湖が迎えてくれる。紅葉と雄大な風景を楽しむことができるこのコース、すごく良いですね。ちょっと風はあったけど、雨も2度ほどポツポツときただけで、その後はずっーと青空。寄り道した支笏湖湖畔からの風景、立ち上る霧もきれいでした。

 予報では雨マークがついてたけど、朝、目が覚めるとうっすらと青空が見える。そして霧が出てるみたい。昨日、支笏大橋から幻想的な光景を見ていたので今日は良いか。「見に行かないと、悔しい思いをするかもしれないよ。」ということで、朝食前に村長と出かける。ミルク工房まできたけど、まだ、霧の中。「ヒルトンの駐車場まで行ってみますか」。少し登ると霧は晴れている。「スキー場の中腹まで登れば見えるよ。」登れるのかな?そういえば、来馬ではスキー場のコースを登って行ったので大丈夫か。車を降りて一気にスキー場を登り始める。思ってた程登りにくくはなかったけど、息がきれた。振り返ると雲海がどこまでも続いている。頂上に少し雲がかかる羊蹄山、なだらかな山が連なっている洞爺湖方面、そして昆布岳。雲海に朝陽が射し込み、ゆっくりと動いて行く…。
 天気は保ちそうなので鏡沼に出かける。沢沿いの木々が赤や黄色に染まっている。途中、きれいなハウチワカエデに出会う。いつの間にか雲に覆われてたけど、鏡沼に出るとともに青空が広がる。紅葉した木々の間から顔を覗かせているワイスホルン。そして、鏡沼は水鏡に。周囲の木々やアンヌプリを湖面に映しだしている。静かな鏡沼。再び雲に覆われてきたので、アンヌプリの東斜面に向かう。登山道を登っていくと作業道に出る。作業道を下っていくと東斜面が見えてくる。一面に広がるダケカンバ、緑のササに映えるナナカマド。また、雪に耐えて曲線を描くダケカンバの枝ぶりがおもしろい。帰りは、この美しい風景を見ながら後ろ向きに歩いていく。鏡沼を見下ろすテラスはササが生い茂り行きつけなかったけど、木々の間から少し望めましたね。そして、2度目の鏡沼。またも、青空が顔を出してくれる。水鏡の鏡沼に白い雲が浮かび歩いて渡れそうな気がする。天候を一番心配してた日やったけど、朝から特別な一日でした!

 紅葉のピークに初めて訪れた三階滝、ナイヤガラの滝もきれいでした。そして、今年も出会えた間近に望むワイスホルン、四季彩街道と白老の滝の紅葉。四季彩街道では色づいた山々の向こうに樽前山も見えてましたね。どうしようか迷ってたけど、素晴らしい秋に出会えて良かった。どうもありがとうございました。

 P.S. Mさん、ニジマス美味しかった!また、機会があればお願いしますね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/1119 《前のページ | 次のページ》
/1119