teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


春香る

 投稿者:ハコさん  投稿日:2018年 6月14日(木)22時04分57秒
返信・引用
   遅ればせながら…。村長、由美さん、そして同宿させて頂いた方々、お世話になりました。ありがとうございます。

 例年より早く葛城山でカタクリが咲き始めたようなので、様子を見に行ってみる。ロープウェイ乗り場では、満開となってるけど、遊歩道近くは蕾が多く少し早い感じ。きれいに咲いてるのもあるけど、やっぱりニセコやないとあかんな。今年は雪が多かったので開花は遅れるかなと思ってたら、4月末には咲き始めるとか。そこで、ゴールデンウィークの混雑時を避けて旅立つ。アンビシャスは雪に埋もれていたのに、すっかり無くなっている。車からザックを取り出して担ごうとすると、腰がギク。「初っ端から、何ちゅうこっちゃ!」2年前の狩場山のことがあるので、早速、湿布を貼る。明日は目国内。ちょっと不安。

 曇ってるなと思ってたら朝霧。目国内に近づいてくると、霧が晴れ青空が覗き出す。天気が良くなってくると、気分も高揚してくる。今日は念の為に荷物を少し軽くしている。登り始めると、2年前のように踏ん張れへんことはなく、何時もと同じように進んでいける。けど、前かがみになったり、背筋を張った姿勢でいるのは、ちょっとしんどい。あんまり、調子に乗らんように要注意。登るに連れてニセコ連峰や羊蹄山が見えてくる。春山、やっぱり良いな。森林限界を越えて、真っ白な斜面を登っていく。遠くに見えていた岩場が次第に近づいてくる。さほど風が強くないので、岩場を登って山頂に向かう。懐かしい風景。シャクナゲ岳やニセコアンヌプリ、羊蹄山。ワイスホルンの北尾根。岩内岳や雷電、そして、積丹の山並みも。また、日本海が少し煙っているように見えて面白い。山頂でしばらくまったり。久しぶりの春山、満喫することができました。

 良い天気も昨日まで。2日から4日までぐずついた天気が続き、その後、回復するのかと思ってたら7日まで雨マーク。どうするのやろ?今日は山は無理やろな、白老かな?「今日のツアーですが、札幌方面が晴れているので、小喜茂別岳に登りに行きます。」「えっ、登るの?大丈夫?」小喜茂別岳へは、中山峠手前の林道を入り、最初、少し急な斜面を登り、後は緩やかな登りを進んでいく。時折、青空も覗いてたけど、次第に日射しがなくなり、小雨がぱらつき出す。上着を着ていないと少し寒い。幸い雨はほんの一時のみで頂上に到着する。山頂の標識がずいぶん高い所に取り付けられている。あの高さまで雪が積もるんやろな。山頂からは、喜茂別岳、札幌の山々、尻別岳、そして、木の間から羊蹄山を望むことができる。西の方が明るいなと思ってたら、青空が広がり出す。残雪の喜茂別岳がすごくきれい。山々が風景が、輝いている。何と言う天気や!昨日、お参りしたパワースポット(虻田神社)のご利益かも。下りは尻滑りをしたり、駆け下りたり、起死回生の愉快な一日でした。

 オコタンペ湖の氷は溶けているという。そのオコタンペ湖と残雪が残る恵庭岳を漁岳から眺める…。7日の雨マークが消え、天気は回復方向に向かっている。「明日は、漁岳に行きましょう。」美笛峠を越えて支笏湖沿いに進んで行く。予報通り、朝から青空が広がっている。何気なく左側を見ると、支笏湖が水鏡になってる!ずいぶん前にアンビシャスのHPで見かけたけど、ほんまにこんな事が起こるんやな。そこで、トンネルを出た所の駐車場に入る。駐車場端の藪から湖岸まで降りられるようにロープが張ってある。降りたところは小さな浜で、さほど大きくない岩があり、沢が流れ込んでいる。頂上が雲に隠れている恵庭岳と漁岳、紋別岳、風不死岳、そして、白い雲と青空が水面に映しだされている。これだけ広い範囲の風景が映しだされるとは!すごくきれい。時の過ぎるのを忘れてしまう。支笏湖温泉街を抜けたところでも小休止。この付近では支笏湖は水鏡にはなってないけど、樽前山をきれいに見ることができる。こんな調子なので、中々、出発地点にたどり着かない。ようやく漁岳林道に入り、ゲート手前から歩き出す。林道は所々雪が無くなっている。この林道を2キロ程歩いて、傾斜の緩やかな斜面を登り、尾根伝いに漁岳に向かう。斜面の登り口には、冬季漁岳の標識があり、所々にピンクのテープが。尾根に出ると木の間から恵庭岳が顔を覗かせている。漁岳の頂上付近は真っ白。氷の溶けたオコタンペ湖が見えれば良いので、頂上まで行くつもりはない。少し登ると、一部分ではあるけどオコタンペ湖も。すごく青い色をしてる!期待に胸が高鳴る。そして、村長の歩く速度が一気に上がる。登るにつれて、オコタンペ湖が少しずつ姿を現してくるのが面白い。「この急斜面を登ると、全部見えるかな?」振り返ると、湖の半分程が目に飛びこんでくる。「もうちょっとやな。やっぱり、あのピーク(1176m)まで登らんと無理か。」1176mのピークは、尾根歩きの際に目印にしていた所。1176mのピーク直下までくると、雪が分断されて、少し笹が出てきている。そこで、雪の段差部分にキックステップで階段を作りよじ登る。段差部分はわずかやけど、滑って融雪した部分に入り込まないように要注意。そうして、急な斜面を登り切ると…。見えた!青い々オコタンペ湖!水鏡の支笏湖。残雪の恵庭岳。オコタンペ湖の氷はすっかり溶けている。湖岸の雪の白さと湖の青、そのコントラストが美しい。湖は、射し込む光により色を変えていく。きれいや、ほんまにきれいや!ここまで来れて良かった!目の前に広がる雄大な景色を何時までも見ていたい気がする。けど、そろそろ降りないと。登る時、いややなと思ってた急斜面を木の枝等に捕まりながら慎重に下る。後は、尻滑りやかんじきで滑って下っていく。林道に降りる斜面に向かう手前で、オコタンペ湖全体を見渡せるもう一つの場所を見つける。登っていく時は気づかなかった。支笏湖は水鏡ではなかったけど、この場所からもきれいに見渡せる。雪が続いていれば湖岸まで行けるかも。林道からの登り、尾根歩きともそんなに難しい箇所はなく、最後の1176mのピークへの登り降りさえ注意すれは、比較的歩きやすいルート。翌日、午後からは晴れてきたけど、午前中は雲が多く、漁岳に登り素晴らしい風景と出会えたのは、ほんとめぐり合わせ!

 今回、天気は良くはなかったけど、雨に降られたのは一日だけでしたね。引き潮でないと近くまで行くことができない室蘭の蓬莱門。緑色の海がきれいでした。チャラツナイ展望台からは駒ケ岳も見えてました。そして、一面に咲くカタクリ。2年ぶりやけど出会えて良かった。一日中いても飽きないですね。また、甘酸っぱい香りのエンゴサク。雨の滴がきれいでした。

 フランス亭や北のランプ亭でのグルメ、豊平峡温泉のカレーも楽しませてもらいました!そして、タラノメ、ふきのとう、アイヌネギやフキの天ぷら。タラノメは、ちょっと早いかなって諦めてましたよね。春の山菜、奈良では中々巡り合えないので、良かった!春の贈り物ですね。どうもありがとうございました。
 
 

ありがとうございます!

 投稿者:アンビシャス由美さん  投稿日:2018年 6月 1日(金)14時42分50秒
返信・引用
  書き込み頂いていたのにごめんなさい。
すっかり季節が変わった今、ハコさんの文を読んでいると
あーそんな世界があったのだなぁと不思議な気持ちになりますね。
雪に飲み込まれそうだった日々が夢の中の事のようですが現実にあったのですよね。
しみじみ今の素晴らしい季節に感謝したくなります。
もう6月になりましたね。またすぐに会えるかな?
カワベッティさん、ツアーは1日だけだったけれど、カワベッティ人気は相変わらずですね。
みんなを笑顔にしてくれてありがとうね!また帰って来てね!
マタギさん、今回は黄金温泉三昧でしたね。行者ニンニクも有り難かったです。
まだまだこれからの人生も楽しめるように頑張って歩きましょうね!
再会の日を楽しみにしています!
 

お世話になりました

 投稿者:マタギ  投稿日:2018年 5月21日(月)20時39分23秒
返信・引用
  村長、由美さん、一緒に過ごした皆様ありがとうございました。雪山、花、温泉と満喫したGW!
念願の黄金温泉の蕎麦も食べたし今回はフェリーで行ったかいがありました。天気にも恵まれ目国内から見た雪のニセコ連峰も最高。最終日は有珠の善光寺に立寄り、かに太郎を狙いましたがやってなかったですね。やめたんですかね?ちょっとざんねん。しょうがないので苫小牧でホッキ丼とホッキカレー食べた後に鵡川でシシャモ買って帰りました。
戻ってからは冬季間の運動不足解消の為秋田近郊の山をボチボチ歩いてます。東北らしいブナの新緑と残雪の山も心地良い山行です。これからは一番花が多い季節を迎えます。元気にいつまでも歩かねば… 頑張ります!
ありがとうございました。
 

楽しかったGW

 投稿者:カワベッティ  投稿日:2018年 5月 9日(水)00時11分39秒
返信・引用
  村長、由美さん、一緒に旅した皆さん、色々とお世話になりました。
天気予報では北海道のゴールデンウイーク後半は雨模様で、どうしようかと思っていましたが、みんなで登った雪の小喜茂別岳は、山に登った達成感、青空が広がる山頂景色、童心に戻れる尻すべりと、とっても堪能できました。今回はツアー参加が1回になったのが残念でしたが、次にアンビに帰った時にはツアーを楽しめたらな・・と思います。職場が変わって以前よりも出かける機会が少なくなってしまいましたが、なんとかやりくりしてまた帰ります。
今回もありがとうございました。いいGWになりました。
 

秘境

 投稿者:ハコさん  投稿日:2018年 3月 4日(日)21時24分31秒
返信・引用
   村長、由美さん、そして同宿させて頂いた方々、お世話になりました。ありがとうございます。

 2年ぶりの冬。厳冬期のフレペの滝。スケールはそんなに大きくはないけど、淡く緑がかった氷爆と出会えればと、先ずは清里へ。斜里からウトロ方面は流氷でビッシリ。海側は青空が広がり、所々に開氷面が。切り立った海岸線とどこまでも広がる流氷原、青く凍りついたフレペの滝やオシンコシンの滝、雪の神の子池、きれいでした。

 清里からニセコに移動しようとすると、また、暴風雪。釧網線は運休。そこで、知床へのツアーの途中、斜里に寄ってもらってバスで網走へ。15分あれば、充分乗り換えられるやろと思ってたら、斜里で沢山の人が乗り込んでバスの出発が遅れ、おまけに網走駅で降車場に入るのに難航して、列車の発車時間に。と、ホームを見ると、列車の姿は跡形もない。?と思って駅に行くと、すごい人だかり。折り返す予定の札幌からの列車が遅れてるらしい。予定通り、列車に乗れたものの30分くらい遅れ、今度は長万部行き最終に間に合うか分からない。旭川で札幌行きの特急への乗り換え時間はゼロ分。実際は5分程遅れて発車し、何とかニセコにたどり着くことができました。日曜日の夜やし、誰もおらへんやろなと思ってたら、いつものメンバーが。賑やかで愉快に過ごさせてもらいました。

 日本海側はすごい雪。アンビシャスの周りは雪の壁で、雪に埋もれてる。「今日はスペシャルな秘境ツアーを用意してるから。」秘境?どこに行くんやろ? 山から海岸に下って、帰りは踏み固めたルートを登り返してくるとか。このところ、太平洋側にも雪雲が流れこんでいるようで、海に近づいても雪が舞っている。一旦、豊浦に出て、そこから長万部方面に向かう。礼文華トンネルを出たところが今日のスタート地点。スノーシューを履き、そこから斜面を降りて、沢沿いに下って行く。雪を踏み抜いたり、空洞にころがり込んだり、ちょっと大変。所々にピンクのテープ(目印)が取り付けてある。「もう少し行くと、第1の目標地点。」何か、建物らしきものが見えてくる。小幌駅や!やっぱし。
 小幌駅はトンネルとトンネルの間にある小さな駅。駅までの道がないので、列車でないと、中々行きつけない。特急の窓から何度か見てたけど、一瞬のうちに通り過ぎてしまうのでよく分からなかった。列車で行くにしても、本数が少なく、場合によっては、数時間待つことに。一度は行ってみたいなと思ってた駅。小幌駅は雪の中。誰もいないし、ホームに足跡もない。今の季節、訪れる人はほとんどいないんやろな。
 駅から海の方に向かうと、文太郎浜と岩屋観音に向かうルートに別れる。今日は岩屋観音に。途中、絶壁の縁を通過する箇所があるので要注意。そして海岸に降りて行く。降りにくいところは尻滑りで。「すごい!」という声が聞こえてくるので、何やろと思ったら、崖の上にきれいな氷爆ができている。岩屋観音には、スタート地点から林道を通り、沢を下って行くこともできるとか。海もきれいで、時折、青空ものぞきスペシャルなツアーでした。

 2日目も昨日と同じような天候。ということで、豊浦のチャス海岸に。「氷爆があると良いね。」チャス海岸は5年前の春に訪れてる。雪原を横切り、降り口を探すけど、記憶が曖昧で見つからない。そこで、登ってきた地点の方に向かう。ようやくロープを見つけ、雪の積もった踏み跡を下って行く。このルート、道幅が狭く、坂になっているので転げ落ちないように慎重に進んでいく。降りた地点の海岸は砂浜で所々に岩があったりするけど歩きやすい。そこで、スノーシューを外して歩いて行く。茶色や白っぽい崖がすぐ側まで迫り、所々に雪が積もっている。中々みられない光景。この崖は凝灰岩でできているらしく、凝灰岩は水を通してしまうため氷爆は見られない。しばらくすると、青空が広がり出す。すると海の色が変わり風景が一変する。きれいな海の色。海を見てると見慣れない鳥がいる。何やろ?白鳥や!白鳥が海に?波の間に浮かんでる姿がネッシーみたいで面白い。少し距離はあるけど、岬の先端まで行って見る。ルートは砂浜から岩場に変わる。岩には海藻やルーム貝がビッシリ。岬の向こうには何があるのか?先端を回りこむ。すると、すごい風。そして、5~6羽の白鳥が。その向こうには、昨日訪れた礼文華の岬が霞んでいる。チャス海岸は、丁度、湾になっていて岬が風を防いでいてくれている。岬付近から見る湾内の海は青緑色。すごくきれいでした。

 「今日は、どうしょう?」「氷爆、見られないですかね。」「島牧の海岸に3本の滝があるので、行ってみようか。」今日も雪が降ったり止んだりを繰り返している。海岸沿いに進んでいると…。「すごくきれいや!何や、この海の色は!」空は曇っているのに、淡い緑色の波が雪の積もった浜に打ち寄せている。その色の取り合わせが美しい。不思議な海の色。「この風景が見られただけでも、来たかいがあるね。」茂津多岬の手前に白糸の滝があって、旧道から見ることができるとか。氷爆、出来てるのかな?「あっ、あれだ!」白糸トンネルの手前から見上げると、青く凍りつきオーバーハングしている氷爆とその左手方向に斜面に沿って並んでいる氷爆が見える。旧道に入り、左側からオーバーハングしている氷爆に近づいて行く。氷爆は切り立った崖の窪みを埋め尽くしている。氷爆の右下に空間があって水が流れているのが見える。上方の氷爆は、風で水が巻き上げられたのかオーバーハングし、青く輝いている。そして、凍りついた幾何学模様が美しい。「すごい!ほんとにすごい!」「今まで見た氷爆のうちで、最大のスケールだ!」何時まで見てても飽きない。振り向くと、青緑色の波が岩礁に打ち寄せている。その様も美しい。しばらくすると、雲が切れて青空が覗きだす。けど、雲は氷爆を眺めながら通りすぎて行くようで、オーバーハングしている氷爆の上に青空がやってきそうもない。そこで、斜面に沿った氷爆を見に行く。一旦、斜面を滑り降りて沢に沿って登って行く。このルートは凍りついている所があるので、滑らないように歩を進めていく。淡い青色や白っぽい色の氷が連なっている。また、形も様々で面白い。振り返ると青い氷爆と海が。沢の左側の尾根にトラバースし、様々な角度で氷爆を楽しみながら下って行く。全く未定の3日目やったけど、素晴らしい氷爆と出会うことができました。この付近には、まだまだ、素晴らしい所がありますね。

 2月の最終週で、奈良の霧氷登山も無事終了しました。今年は、御嶽山等の山並みを見ることはできなかったけど、きれいな霧氷や例年は見られない、滝の小さな氷爆と出会えました。今年は、今まで行けなかった所等に出かけられればと思っています。どうもありがとうございました。
 

大雪です!

 投稿者:アンビシャス由美さん  投稿日:2018年 2月26日(月)21時17分27秒
返信・引用
  ごとうさん、書き込みありがとうございます!今頃気付いてすみません。
1ヶ月経ってしまいましたが、今年はアンビシャスすっかり雪に埋もれています。
もうどこもかしこも雪だらけ!町中どこも雪の壁です。
今日生きる為にひたすら雪をかくって感じです。春が待ち遠しいですよー
暖かくなったらまたゆるい山歩きに来てください。ご飯作って待ってますよ!
 

凄い寒さでしたね

 投稿者:Wごとうの片割れ  投稿日:2018年 1月25日(木)10時18分58秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。
先日の記事で拝見した澄ちゃん、すっかりきれいな娘さんになって、歳月を感じました。
当方、元気ですが年齢には勝てません。引きこもりが多くなりました。
スキーも山も、この2~3年ご無沙汰です。

今朝のNHKのニュースで、喜茂別町の最低気温が-31.3℃だったと報じていました。
ニセコも、さぞ寒かっただろうなぁと思いました。
赤い屋根のアンビシャスも、雪に埋もれているのでしょうか。

これを書きながら、由美ちゃんのご飯、食べに行きたくなりました。

 

ごめんなさい

 投稿者:アンビシャス由美さん  投稿日:2017年12月26日(火)23時34分30秒
返信・引用
  !が?になっちゃいました。  

ありがとうございます??

 投稿者:アンビシャス由美さん  投稿日:2017年12月26日(火)23時31分49秒
返信・引用
  皆さん、嬉しいメッセージをありがとうございます!
村長はカワベッティさんの言葉のお陰でいつもやる気が出て来ているようです。これからも
時々ハッパかけてやってくださいね!
とよちゃん、人生狂って良かったって思ってくれて嬉しいです。とよちゃんのキャラクターがみんなを惹きつけて、ホント見てても楽しそうな人生だものね。50周年の予約、入れておくね!素敵なプレゼント、本当にありがとう?
ヤンちゃんモモちゃんの二世が来てくれるようになったなんて本当に夢のようです。こんな嬉しいことないよね。
二人ともとっても良い子で、こんなに良い子に育ててくれてありがとうとお礼を言いたいです。還暦羊蹄山を目標に頑張ろうね!
愚連隊の皆さん、とよちゃんから様子は聞いています。20年前と変わらないっていうのが、なんだかホッとしますね。
アンビシャスで知り合った人達がそうやってずっと繋がっていると聞くととても幸せな気持ちになります。これこそ宿をやっている醍醐味です。50周年までは頑張りますので、愚連隊も続けてくださいね。

今から50周年の予約受け付けますので、これからも末長くよろしくお願いします!
 

おめでとうございます!

 投稿者:愚連隊改めニセコ倶楽部一同  投稿日:2017年12月26日(火)00時05分25秒
返信・引用
  愚連隊と呼ばれ始めて早20年。
今年は伊豆で忘年会をしました。
毎年毎年、食べて飲んでしゃべって歌って笑って、、、
みんな身体はまだまだ成長してますが、中身は変わらないです。
そんな出会いをこれからも作っていってください。

30周年おめでとうございます!!
 

レンタル掲示板
/112